ブログトップ

星のやどり

meirue.exblog.jp

シンプルの定義


服の話についてもう少し
年齢と共に淡い色主体の服装は限界という結論を出し
さて、どうしたものか と考えて
オーソドックスな解決策を試してみる

色味を取り入れる
ポイントを作る

っていうことでここずっと選ぶモノは
ビタミンカラーもしくはシャーベットカラー率が多い
黒も意外と顔回りをはっきりしてくれる
一昔前の自分では考えられないくらいの冒険だな
あと助っ人的にストールやブローチとかで貧相さをカバーしたい。。。

表題のシンプルの定義だけど
向かう路線はシンプルとしよう
これからは年齢を重ねても着れる服を選ぼう と決意
そんなある日友人と服装について話題が出る
私「今日の服装はシンプルがテーマなんだ」
友人「そうなの?違うと思うよ」
私「え?え?シンプルでしょ?」
友人「違うよ、今日の服装は個性的っていうんだよ!」

個性的って・・・目指すものと真逆じゃないの・・・
ここで各々の価値観の違いに気が付く
ある意味カルチャーショックだったわたし
そのあと、シンプルとはなんぞやの話になり
わたし的にはシンプルっていうのはね・・・で言葉が詰まってしまった
頭ではイメージできるのに言葉にできない
ここんとこ、ちゃんとクリアしとかないとまた迷走が続きそう・・・

















[PR]
by rufus-ky | 2012-08-03 13:04 | 気になるもの
<< かごを編む ある日突然 >>